宮崎ともともダイアリー

東京から宮崎へ、結婚2年目の2人で移住!食や酒やDIYなどなど、移住ライフのリアルをお届けします。

2人のクライミングブログは、こちら!
呑んで登ってまた呑んで

カテゴリ: 日々徒然

宮崎は飯がうまい、に嘘はないが、その大抵は「和」だ。

鶏肉食わして焼酎飲ませておけばいいだろ、的なところはある。

和洋中で言えば洋と中は弱く、特に中は、絶望的だ。

麻婆豆腐愛好家には辛い街なのである。



麻婆豆腐への不満を募らせること2年、ついに我々は立ち上がった。


「宮崎市麻婆豆腐研究会」の発足である。

宮崎市にも、うまい麻婆はあるのか。

戦いは始まった。


第1ラウンド SHISEN

土屋研究員、澤井研究員(メス)、澤井研究員(オス)、そして宮崎市役所から迫口研究員を加え、まず我々が向かったのはエアラインホテル4階の「SHISEN」である。

1 copy


高級感漂う薄暗い店内。

テーブルに腰がけ、メニューを開く。

もちろん、麻婆豆腐をオーダーだ。

「ビール二つとハイボール二つ、あと麻婆豆腐をください。以上です。」

「えっと、先に麻婆豆腐でよろしいでしょうか、、、?」


先に、、、?

なるほど!先に麻婆豆腐で後から追加オーダーするよね?って意味だね!

申し訳ない、マーボーしか食べない!



麻婆豆腐はすぐに出てきた。
2 copy


ザ、マーボー。

唐辛子、山椒の辛味も標準的で、安定感がある。

強いて言えば、やや大きめに切られたネギがトロトロで、薬味というよりは一つの具材として存在感を放っている。

各々、調査結果を記入していく。
3 copy

評価項目は、
見た目・かおり・旨味・とろみ・肉味・唐辛子の辛さ・山椒の辛さ・酒との相性・米との相性・コスパ・オリジナリティ・特別点 の12項目である。
なお、調査票は土屋研究員が作成してくれた。この場を借りてお礼申し上げたい。

もちろん、調査は真剣である。
4 copy
5 copy

実に王道の麻婆で、調査の第1弾としては理想的だったと言えるのではないだろうか。

後続の調査における、基準点となるだろう。


第2ラウンド 永興園

続いて我々が向かったのは、繁華街の中央にある永興園だ。
6 copy

実に中華の趣で良い。

念のため、麻婆豆腐があるかを確認する。
7 copy

辛さが選べるようなので、中辛としておいた。
8 copy

ビールを飲みながらしばし待っていると、やってきた。
9 copy

まさかの土鍋!

メニューの写真では普通の皿に乗ってたのに、まさかの土鍋!

この裏切り方は悪くない!!

写真では伝わらないが、グツグツと音を立てており、山椒の香りがかなり強く、実に美味そうである。

一口食べる。

「ッハフッッ!!」

大きめに切られた熱々の豆腐が喉の上部に触れ、思わず声が出る。

これだよこれ、この熱さと豆腐食ってる感!!

やっぱり麻婆の豆腐は大きめゴロゴロに限る!!

唐辛子の辛さ、そして山椒の効き具合も素晴らしい。

一同、大満足であった。



第3ラウンド 随園

続いて向かったのは随園。
10 copy

高々とラーメンと書かれているが、麻婆豆腐もあるようだ。

ビールを飲みながら麻婆を待つ。
11 copy

ふと、壁に掛けられた無数のサインが目に入ってきた。
12 copy

歴史あるお店なんだなぁ、と眺めていると。

13 copy

ん?

14 copy

ドイツが誇る伝説のゴールキーパーの、、、サイ、、、ン?

いや、写真貼ってあるだけじゃん!

貼るにしたって普通、店内の写真だよね!

大将と横並びで撮った写真とかにするよね!

明らかに屋外だよね!ってか日本じゃないよね!祖国っぽいよね!

テプラで「オリバーカーン」って、言ってる場合か!



失礼、調査に戻ろう。

麻婆はすぐにやってきた。
15 copy


はいはいはい、やっぱりね!!

地元のラーメン屋の麻婆だね!

辛さ控えめ、山椒はほぼなし、やたらトロミが強くて、お米に合う系の麻婆だね!

人民の人民による人民のための麻婆!

シビリアン麻婆!

思い出す、小学校の給食!初恋のあの子!!

調査員一同、ノスタルジー麻婆に浸ったのであった。


第4ラウンド 珉珉

もう1件くらいは調査しようと向かったのは、土屋研究員の勧めで「珉珉(みんみん)」

ここもなかなか美味しいようで、期待ができる。

みんみんが見えてきた。

ん?

16 copy

どうした、土屋研究員!!

17 copy

18 copy

なんと、1ヶ月前に閉店していた、、、。

途方にくれ、珉珉から南に歩くこと、約20歩。

本格手作り中華、、、、?
19 copy

藁にすがる思いで入ってみると、あるじゃないですか、麻婆!
20 copy


シルクロードの味!意味不明!!

大将は昔、横浜中華街で鍋を振るっていたらしい。期待ができる。

出てきたのがこちら。
21 copy

まずは山椒の香りを味わう。うん、悪くない。
22 copy

味わいとしては、四川風というよりは広東風に近く、とってもマイルド。

シルクロードの味かどうかはわからないが。

辛さが選べたので「山椒強め」とオーダーしたが、山椒も唐辛子も、もっと強くてよかったかもしれない。


まとまらないまとめ

お店の雰囲気が良い感じだったので、もうここで打ち上げしちゃえ!ってことで、麻婆以外も色々とオーダー。
23 copy

お酒も色々あるよ!
24 copy

キリッマとクロキリッマが美味しそうなので、クロキリッマを頼んだら、案の定、黒霧島が出てきたよ!

難しいよね!ツとシの書き分け難しいよね!



この後も大いに盛り上がり、スナックで2時くらいまで飲んで飲んで宮崎の未来を語り合ったのだが、ほぼ覚えていない。


調査結果は、土屋研究員がレポートにまとめてくれたが、研究も道半ばであるため、ここでの報告は控え、個人的な結論を述べるにとどめたい。
IMG_4871

結論:宮崎にもうまい麻婆はあり、澤井調査員(オス)としては永興園がおすすめ!

-->

週3日は東京・残りは宮崎という2拠点生活を、かれこれ2ヶ月ほど続けています。ともひろです。

2拠点生活の感想はさておき、最近、ふとしたことがきっかけで、スマホに万歩計アプリを入れまして。

日々、どれくらい歩いているのかを、計測して楽しんでます。

宮崎では全然歩いてない。

で、東京にいる日と宮崎にいる日では、1日の歩数が全然違うんですね。

宮崎ではあまり歩いてないな〜と、何となくは思っていたのですが、具体的には2倍以上違いました。

東京での移動は、基本的に電車なので、なんだかんだで意外とたくさん歩いてるんですね。

一方、宮崎では、基本的に車なので、びっくりするくらいに歩きません。

東京では、1日だいたい7,000~10,000歩ですが、宮崎ではせいぜい3,000歩です。

東京の平均を8,000歩とすると、1日5,000歩の差があります。

5,000歩の差はやばい。

たかだか5,000歩、されど5,000歩。

1日だけならまだしも、毎日の習慣ですからね。

東京で暮らすのと宮崎で暮らすのでは、年間1,825,000歩の差があるわけです。恐ろしや!!

ざっと調べたところ、体重65kgの人が10,000歩歩くと363kcalくらい消費するらしいのです。

ということは、宮崎で暮らしているだけで、年間の消費カロリーが66,248kcalも少なくなるわけです。恐ろしや!!!

7,200kcalで体重1kgと言われていますから、ざっと9kg。

知らず知らずのうちに、気づけば年間9kg太ってしまう、、、、。

恐ろしや!!!!!

歩こう。

というわけで、もっと意識的に歩こうと決意しまして。

目的地から少し遠い駐車場に停める、とか、あえて少し遠いコンビニに行く、とかしています。

その甲斐あって、宮崎でも、5,000歩を下回る日はほぼなくなってきました。

宮崎県民の皆さん、、、、歩きましょう!!

いっそのこと、海岸を走ったら気持ちいいだろうな〜とは思いつつ、日差しが強烈すぎて外を走る気は全くしない。
IMG_2707

-->

ともえです。

タイトルままです!

実は自分でも

「いざ住んでみたらギャップがあるんじゃ・・・」

とか

「慣れたら飽きるんじゃ・・・」

みたいな心配がちょっとあったんだけど、杞憂でした。当たらないもんですね。


人の温かさに触れる喜び

ここまでに使い古された陳腐な言葉はないと思うんですけど。意味のないように思えていた陳腐な言葉も、心の底から実感してみると、陳腐化されるほどに色んな人が口にする理由がようやくわかる。

バスの運転手さんだけじゃない、コンビニやスーパーの店員さん、街中ですれ違う高校生、エレベーターに同乗する他社の人まで、みんな温かい。
 
ほんと温かい。


特に不便じゃない

いや実際、不便な面はあるんですけどね。
車がないと出かけられないし。
好きなブランドのお店はないし。
無制限で契約していた脱毛サロンの店舗ないし。(赤字・・・)

でもその不便さとそれ以外の良いところを照らし合わせると、良いところが大きすぎて、特に気にならない。
クライミングが趣味なので、「最寄りのクライミングジムまで2時間かかる」なんてことがあると「不便!マジ無理!」ってなってたと思います。
ショッピングが趣味の人が宮崎に移住してきたら同じ状態に陥るかも。お気をつけください。


家庭と仕事と住環境

1年経ってずっと宮崎らぶでいるのは、宮崎がすてきな土地であること、宮崎の風土に自分の感覚がマッチしていたことがもちろん大きいのです。
が、それも、夫の存在があるからこそで。
幸せ生活@宮崎 があるからこその宮崎らぶなわけです。(ノロケ!)

そして仕事。
素晴らしい職場に巡り会えました。
移住活動を職探しから始めたのは、我ながら大正解!
「ビビビ」で決めたのも大正解。

「ワークライフバランス」とか言うからワークとライフが別物みたいなイメージ持っちゃうけど、ワークもライフの一部ですよね。超重要です。


結論は、宮崎らぶ!
春物のコートを着るタイミングがなくなってしまったって、好きなんです。

-->

ともひろです。

今、宮崎の中でもっとも熱いエリアの一つ、日南市。

さびれていた商店街が見事に復活したり、IT企業が次々と進出したり、PRゲームを作ってたり、市長がお若くてイケメンだったり、広島カープと西武ライオンズがキャンプ中だったりと、話題に事欠かない熱い街です。

そんな日南の、広島カープのキャンプ地として有名な油津というところに、宮崎に縁もゆかりもない大学生がゲストハウスを作ったというのだか驚きです。

そのなも、「fan!」

代表の奥田君をはじめとする彼らのチャレンジ内容については、クラウドファンディングサービスCAMPFIREに詳しいので、ここでは割愛します。

CAMPFIRE ←こちら

彼の熱い想いがたくさん書かれているので、是非読んでみてください。

さっそく泊まってみた。

2/1にオープンしたばかりのfan。
 
仕事の都合で日南に行くことがあったので、さっそく泊まってみました。

外見はこんな感じ。
外見
 おでんは売ってないです。となりのお店の看板なのであしからず。

受付の前はカフェスペースになっていて、日中はカフェ、夜はスポーツバーとして運営しています。
カフェ
右下に足が写ってますがスタッフさんです。霊的なアレではないのであしからず。

お部屋は、ドミトリーが16席(うち8席は女性専用室)、個室が3部屋。

お金がないのでドミトリーに泊まったのですが、特にイヤなこともなく、とっても快適でした。次は個室に泊まってみたい!

設備も充実しています。

共有のトイレとシャワーは綺麗だし、宿泊者専用の共用スペースには、談話スペースや電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機も完備。
住めます。むしろ住みたい。
共有スペース
 

スポーツバーの居心地が最高

なにがいちばん良かったって、夜のスポーツバーの居心地の良さ。
スポーツバー
 
空間全体がおしゃれで、自然とお酒も進みます。

ただ、スタッフの女子大生が次々に酒を勧めてくるので、女子大生からの勧めを断れないおじさんは、気をつけた方が良いです。

調子にのって飲んでいたら、宿代と酒代があまり変わらないという結果に、、、。

いや、酒代が高いんじゃない!宿代が安いんだ!

もちろん、スポーツバー単体としても利用できるので、油津の夜に軽く飲みたい時もぜひ!

スポーツバーと呼んで良いのか!

ただ、、、、スポーツバーといえば、スポーツ映像が垂れ流しじゃないですか。だいたい海外サッカーですよね。

やってないんですね、サッカー。というかテレビがない。プロジェクターもない。

理由を聞いてみたら、買う金がないと、、、笑

募金やってるそうです!
募金

プロ野球が開幕したら、カープ戦の放映が求められること間違いなしなので、早いところ買っちゃってください!

カープのキャンプ地でカープ戦をみながら酒が飲みたいです!

いろいろ書きましたが、オススメです!

とにかく場の雰囲気がとても良い。

学生スタッフの皆さんが、とても楽しく温かく迎えてくれます。

おすすめです。

日南にお越しの際は、ぜひ泊まってみてください!

 
朝食
翌朝、fanの前で販売していたチーズトースト。おいしかったです。
-->

↑このページのトップヘ