宮崎ともともダイアリー

東京から宮崎へ、結婚2年目の2人で移住!食や酒やDIYなどなど、移住ライフのリアルをお届けします。

2人のクライミングブログは、こちら!
呑んで登ってまた呑んで






投稿者:ともえ

キッチンの壁と言えば、タイル! モザイクタイルやモロッカンタイルも可愛いけど・・・

カフェ風でおしゃれな、あのサブウェイタイルに憧れるっ!!

と、いうわけで・・・

サブウェイタイル、貼ってみた

ガチなタイル貼りにDIYで挑戦だー!

Before

IMG_2183
むき出しの石膏ボード。
こんな状態で料理しているので、はねた油はしみ込み放題(;´∀`)

After

IMG_2311
タイルが入りました!
壁紙がないけど、だいぶキッチンらしくなってきた!

いやー大変だった。2日かかりました。
コツ・気をつけるポイント等、細かいところは別記事へ!

こんな手順でタイルを貼りました!

必要な道具を揃える

IMG_2180

  • タイル
  • タイル用ボンド
  • タイルの目地材
  • クシ目ゴテ
    • ×クシ目ベラ(試してみたけど、使いづらくて買い直し(;´∀`))
  • ゴムベラ
  • ゴムゴテ
    • 面積が広くなければ、ゴムベラだけでも十分と感じました!
  • スポンジ
  • タイルカッター
  • 金槌
  • 養生テープ、マスカー等
  • 養生する

    IMG_5319

    ボンドを塗る

    IMG_2305

    タイルをカットする

    IMG_2229
    お皿を割るような感じ。ちょきちょきカットできたら簡単なのに。

    タイルを並べる

    IMG_5327

    目地を込める

    IMG_5336

    目地を拭き取る

    IMG_2282

    詳細はこれから書いてゆきます!!

    関連記事

    【宮崎ともともDIY】リビング・ダイニングのフローリング貼り DAY1

    【宮崎ともともDIY】寝室の床貼り編

    ================

    宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

    2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

    夫・ともひろ

    1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

    Instagram
    Twitter

    妻・ともえ

    1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
    フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

    Instagram
    Twitter






投稿者:ともひろ

うぉーくいんくろーぜっと。

なんかいい響きですよね、セレブっぽくて。
そうでもないか。

もちろん、築35年の我が家にそんなものがあるわけもなく。

いつも通り「ないなら作ろう」の精神で、レッツトライです。

この記事の続きはこちら。

壁を壊して間取り変更! 〜ウォークインクローゼットを作ろう!その2〜




クローゼットを作るのは、寝室に決定。

現在、こうなっているのを、
1

オフィス側に壁を新設、寝室側の壁をぶち抜くことで、
2

こうしてやろうという魂胆です。


果たしてそんなことができるのか!

我々もよくわからないので、とりあえずやってみます。



まずは、オフィス側に壁を作るところから。

もともとあった棚の扉を外します。
IMG_5382

壁を抜いた先に大きな蛇がいたらどうしよう、、、と怖くなって、穴を開けて確認しましたが、虫一匹いなくて一安心。

また、左側の扉は残しておき、オフィス側からでも衣類の取り出しができるようにしました。


棚を外したら、ハンズマンに行って「いつもの!」とオーダーすれば良い感じにカットされた板が手に入ります。

ビス止めして壁にします。
IMG_5384


続いて寝室側。

ぶち抜く予定のところには、中途半端な幅の棚がありまして。
IMG_5385

服をしまうには狭いし、中身丸見えだから夜の道具は置けないし。(失礼)

使い道ないので、容赦無く壊します。
IMG_2361のコピー

撤去完了。
IMG_5387

するとここで、破壊神降誕!
IMG_5388

バールを駆使し、「なんかストレス溜まってんのかな、、、」と心配になるほどの驚異的なスピードで、壁紙を破壊していきます。



破壊神、ミッションコンプリート!
IMG_5391



とりあえず初日はここまで。

次回は壁を完全に抜いて、クローゼットに仕上げる!

続き
壁を壊して間取り変更! 〜ウォークインクローゼットを作ろう!その2〜






================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter







投稿者:ともひろ

素晴らしいパンがあれば、それだけで人生は幸せである。 オスカー・ワイルド(1854年~1900年)
もちろん嘘です。


始まりは、思い出の街、中目黒。

家のすぐ近くにあった「トラスパレンテ」というパン屋が大好きで、そこのパンを食べるのが毎週の楽しみだった。

宮崎に移住し、美味しいパン屋に出会えるか心配だったが、ブルソ・ボナールというお気に入りのパン屋さんを発見。無事、美味しいパンライフを過ごせた。
最近、青葉町のフーデリーの中にもお店ができました。


が、それもここまで。

宮崎市のかなり田舎なエリアに、家を買ってしまったからだ。


最寄りのコンビニまで徒歩20分。

最寄りのパン屋まで徒歩3日。
これも嘘です。


さすがの我々も観念し、「糖質制限でダイエットになるし!」などとやせ我慢を言っていたのだが。


ある日、「Webで売ってる冷凍パンも美味しい」という話を耳にした。


冷凍なんて美味しいの〜?などと半信半疑ながらも、色々探してたどり着いたお店がこちら。
ameen's ovenさん

ダメもとで注文し、家でトーストして食べてみた。
IMG_5357



素敵やん。
IMG_5364


すっごく美味しい。

もともと、カンパーニュのような硬めのパンが好きなのも幸いしたかもしれないが、冷凍パン全然いける。むしろ良い。


と、いうわけで我が家の冷凍庫は、大量の冷凍パン(と、つまみの枝豆)に埋もれたのでした。
IMG_5350

近所に美味しいパン屋がないと嘆いているそこのあなた、冷凍パン、おすすめですよ!!

特にオチはありませんが現場からは以上です。



追伸

宮崎のパン屋さんって、お惣菜系というか、やわらかい系のパン屋さんが多い気がするので、やわらか系が好きな方はやっぱり、冷凍はイマイチなのかもしれないです。

というか、宮崎の人って柔らかいもの好きですよね。偏見かな。

「でかい」はよい。

「やわらかい」は時と場合によるがやり過ぎないでほしい。

「甘い」は遠慮します、、、。


宮崎のことは大好きなのに、そこだけはいまだに理解できない澤井家であった。


================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter


↑このページのトップヘ