宮崎ともともダイアリー

東京から宮崎へ、結婚2年目の2人で移住!食や酒やDIYなどなど、移住ライフのリアルをお届けします。

2人のクライミングブログは、こちら!
呑んで登ってまた呑んで






投稿者:ともひろ


これ、びっくりですよねぇ。

我が家はというと、ゴミが出せないことなんてまったくないです。

むしろ、周りは優しい人ばかりで、ゴミ出しのルールをいろいろ教えてくれるし、ゴミ出しのついでにおじさんにゴーヤもらった、みたいな感じです。

宮崎のひと優しすぎじゃない?


宮崎の人が優しすぎるためか、自分の周りでは近所トラブルの話って聞いたことないんですが、実際はあるみたいですよ、いろんな地域が、、、、。
プライバシー皆無とか、○さんに挨拶に行けとか、の会に参加しろ、とか、、、、。


もちろん、その地域の文化なんで、よそから来た人間が否定するのは違うとは思います。

でも、一方で


めんどくせー!!

しらねーし!!


ってなる気持ちもよくわかります。
だって今まで、マンションのお隣さんの名前すら知らなかったのにねぇ、、、、。


そうならないように、事前に下見をするとか、なるべく地方都市(宮崎県だったら宮崎市)にするとか、いろいろあるとは思うんですけど。

思うんですけど。

結局のところ、住んでみないとわからないじゃないですか。



なので、移住にあたって一番大切なのは、「ダメだったらいつでも戻ってこれるようにすること」じゃないかなーと思います。




ええ、わかります。仕事ですよね〜。

自分の場合、会社に「出戻り大歓迎」という文化がありまして、辞めても簡単に戻れる感じでした。

割と本気で、半年で帰るパターンも想定してたので、ものすごく気楽に移住できたんですよね。
移住してすぐに、戻ることはないなと確信しましたけど。

まあそれはレアケースだとしても、例えば、かるく転職活動してみて、次の職はいくらでもあるなーという手応えを得てから移住する、とかがいいのかもしれません。





ええ、わかります。周りの目ですよね〜。

「うわ、あいつもう帰ってきたか」とか言われちゃうリスク。

いいんじゃないですか別に、そんなつまらない人間とは関わりを持たなければ。

ナイスチャレンジ!って言ってくれる人とだけ、一緒に生きて行けばいいと思います。





ええ、わかります。子供ですよね〜。

転校を何度も強いるとか無理ですし。

こればかりはすみません、我が家は子供いないのでなんとも!!(無責任)

お子さんが独り立ちしてからの楽しみに取っておくのがいいかもしれません。




もちろん、いきなり持ち家とか、ダメ絶対。

絶対に賃貸。というかマンスリーマンションでもいいレベル。

土地勘ないのでいい家を一発で見つけるとか不可能ですし、めんどくさい地域だったときに逃げれないので。




移住してすごく幸せになった身としては、もっとゆるーく、とりあえず移住してみちゃえる世の中になるといいなーと思います。

世田谷から目黒に引っ越しましたー、くらいのノリで。


もちろん、みんな移住すべきとか、まだ消耗してるのとか言う気はこれっぽっちもないので悪しからず。

東京は東京で、めちゃくちゃ魅力的な街ですよね。

IMG_2053
草ボーボーの我が家を見かねて、ご近所さんが除草剤撒くやつを貸して来れました。
ほんと、宮崎の人って優しいです。



================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter







投稿者:ともえ

先日のタイル貼り。

イメージ通りに貼り終えて大満足!!

でしたが、難易度はこれまでのDIYの中で最も高かった・・・!
疲労困憊です。
実は、その原因の半分くらいは「ボンド選び」にありました。
これからタイル貼りに挑戦する方のお役に立てるよう、ボンドの選び方について書いてみます!

タイル用接着剤は「セメントタイプ」「弾性タイプ」の2種類ある

「ボンドなんてどれも同じだろ!」と適当に選んだのが失敗の始まり・・・
実は、粉を水で溶いて使う「セメントタイプ」と、そのまま使える「弾性タイプ」(シリコンタイプ?)の2種類があります。
この2つの性質が、結構違うようでして・・・

ここで、いきなり結論!!

DIY初心者なら「弾性タイプ」を選びましょう!
IMG_2304
TILEMENT タイル用接着剤 フレックスマルチ オフホワイト 2kg 33580040

↑こいつでバッチリでした!

「セメントタイプ」はすぐ乾くから難しい

最初に使ったのがこちらのセメントタイプ。

image

「タイル用接着剤」という名前の商品もありますが、「水で溶くだけ」と書いてあるのはこの「セメントタイプ」です。
水と混ぜて練り練りして使います。

IMG_2197
練り練りは楽しい。

が、こいつの問題点は
あっという間に乾いて、タイルがくっつかなくなる!!ことです。

ある程度の面積を塗ってから貼り始めたら、途中からカピカピになってしまいタイルが全然張り付かない。。

仕方なく、タイル一枚分塗っては貼って、塗っては貼って・・・を繰り返します。
IMG_2231

・・・が、それでもめっちゃ難しい・・・!!
というのも、今回貼ったタイル、すごく吸水性が高いのです。
吸水性バツグンなタイルを、水で溶いて作った接着剤の上に乗せるとどうなるか?
それは・・・

即、カッピカピです\(^o^)/

早く乾くなら、早くくっついていいじゃーん!!
・・・とはいきません。
何が問題か?

  • 十分圧着しないうちに乾くことで、接着力が弱くなる
  • 一度置いてしまうと動かせない

IMG_2236
さっき貼れたはずの子が、「ペリッ」ってはがれちゃった!(涙)

これらの問題への対処法はただ1つで

スピード勝負

ボンドを塗って置く場所を決めたら、
躊躇なく
タイルを置いて
すぐさま全力で押す!!
ちょっとぐらいズレても気にしない!!

微妙な躊躇のせいで、何枚のタイルを割ってしまったことか・・・

以上でセメントタイプ接着剤へのリポートを終わります。
手際の良いプロ職人さんには、扱いやすいのだと思います!

タイルのボンドは「弾性タイプ」がオススメです!

一方こちらは弾性タイプ。
セメントタイプがあまりにもしんどかったので、新たに仕入れました。

IMG_2304

チューブの中にボンドが入っていて、出してすぐ壁に塗ることができます!

IMG_2305

これこれ!
この感じ!

IMG_2306
あっという間に貼れた!

塗ったあともちょうどいい加減の硬さをキープしてくれてます!
これなら、タイルを置いてからちょっともたついても、調整したくなっても大丈夫!

タイルに付いたらすぐに拭き取る

弾性タイプの注意点ですが、水で溶くセメントタイプと違い、
乾いてしまうと拭き取りがが難しくなります。
乾く前なら水拭きでとれるので、うっかりどこかに付いてしまったら早めに拭き取っておきましょうー!

関連記事

キッチンにカフェ風サブウェイタイルを貼ってみた!【宮崎ともともDIY】
↑全体像、手順などはこちら!

================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter






投稿者:ともひろ


比較的、円満な夫婦だと思います。

「仲良いね」とよく言われるし、出会って約8年となりますが、喧嘩らしい喧嘩をしたことがないですし。



単に相性が良いといえばそれまでなんだろうけど、夫婦円満の秘訣をよく聞かれるので、自分なりに考えてみました。

以降、単なるノロケ話です。




重要度が高い二つに絞りました。


1.共通の趣味
我々の場合はクライミングですね。わかりやすい。

初めてのデートは、秋葉原のクライミングジムでした。

当時、妻はすでにクライミングをやっていて、僕が教えてもらう形になったわけですが、まさかここまでどっぷりハマるとは、、、。

結局、初デート以降、毎週のように二人でクライミングをし、一緒に過ごす時間も増えたし会話のネタもできた。

今では、クライミングがきっかけで宮崎に移住しちゃったわけで、趣味が二人をつなぎとめる力は相当に強いんだろうなーと思います。

何歳までクライミングやるかわからないけど、いつかクライミングをやらなくなる日が来ても、次の共通の趣味が見つかるといいな。

子供やペットもある意味では、共有の趣味と言えるのかもしれませんね。



2.自分の幸せを相手に求めない
語弊があるかもしれないし、妻がどう思ってるかはわかりませんが、、、、。

なんと言うか、夫婦って家族ですけど、親子や兄弟と違って、もとはと言えば赤の他人ですからね。

お互いが独立しているべきというか、自分の人生には自分で責任を持った方がいいと思うんです。



この人が自分を幸せにしてくれるはず。

この人が〇〇してくれるはず。

ご飯作ってくれるはず。片付けしてくれるはず。掃除してくれるはず。仕事を理解してくれるはず。仕事より自分を優先してくれるはず。


そりゃ無理ですよね、元は赤の他人ですし。金もらってるわけでもないし。





自分のことは自分で幸せにする。

その上で、自分より大切なその人を、自分より幸せにしてあげようと努力する。

そういう気持ちが円満の秘訣かなーと思います。



妻が幸せじゃなかったらどうしよう、と書いてて冷や汗ものですが、、、。


とはいえ結局は、自分より大切な人に出会えたこと、自分のことは自分で幸せにできるだけの環境に恵まれたこと、が前提であり、俺はラッキーだったなと、ただそれだけの話なんだろう、とも思ったりします。


神様、皆様、ありがとうございます。

IMG_0420
約8年前。丹沢の山を登って下山後、交際が始まりました。機会があれば、また登りに行きたいなぁ。






================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter


↑このページのトップヘ