宮崎ともともダイアリー

東京から宮崎へ、結婚2年目の2人で移住!食や酒やDIYなどなど、移住ライフのリアルをお届けします。

2人のクライミングブログは、こちら!
呑んで登ってまた呑んで






投稿者:ともえ

ときどき聞かれるので、一度整理しておきます!

妻ともえの仕事

経歴編

移住前からずっとシステム関係の仕事をしています。

仕事探し編

ほぼノリと勢いで宮崎移住を果たしました我々でも、唯一問題になったのが「仕事どうするのか」問題でした。

私は、

まず!!
最初に!!!

仕事探しから始めました。
(親に言うのを後にしたら、怒られた)

仕事探しにあたっては、移住相談窓口や宮崎の転職支援会社、全国区な転職エージェント等を活用しました。

東京感覚だと、はっきり言って「求人めっちゃ少ない」と感じました。

※職種によると思います
※今は私の頃よりいい求人が増えている気がする

わたしの場合は、登録していたエージェントに奇跡的なタイミングで求人が入り、そこに決まりました。
諦めずに登録しておくと、いいことあると思います!!
マイナビエージェント

宮崎で仕事を探すなら、インタークロスさんがお勧めです。

就職編

エージェントで決まった会社に、Webエンジニアとして2年間勤めました。
ビジネス的にも技術的にも、すごくいい経験を積ませていただきました。

フリーランス編

2018年6月から、フリーランスとして独立しました。
企業のお客さんから仕事をいただき、在宅で仕事しています。

在宅の仕事ってどうやってするの

田舎で在宅エンジニアはじめてみた

image

私の場合基本的には、

お客さん「こういう機能作って」
わたし「一週間ください」
わたし「できました」

こんな感じです。
上記のやりとりはチャットで行い、納品はプログラムの送付(正確にはリポジトリへのプッシュ)です。

夫ともひろの仕事

夫はもともと、業務コンサルティングの仕事をしていました。
ぎょうむこんさるてぃんぐ。
よくわからないですよね。
私もわかりません。

夫はそんなキャリアを活かして、移住と共に独立しました。
在宅で仕事をしたり、お客さんに会いに東京出張したりしています。

仕事内容はコンサルティングに加え、最近はWebエンジニアとしてもバリバリにコードを書いています。
妻のわたしが言うのもアレですが、成長スピードが驚異的・・・
追い越されないように、私もがんばらないと!!

野望

自社サービスしたい。

関連記事

================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter






投稿者:ともひろ


現在、我が家ではウォークインクローゼットを作成中なのですが、その際、自宅のオフィス部屋に新しく壁を立てまして。
IMG_5384


このままでも杉の香りがしてよかったのですが、流石に殺風景なので、ミーティングに欠かせないホワイトボードにしてしまえ!ということに。

で、色々探したんですが、黒板の方がオシャレっぽいので、黒板にしてみました。


作業は超簡単!

貼るタイプの黒板シートを買って、


壁のサイズに合わせてカットして
IMG_5431

貼る。
IMG_5435

貼る。以上!
IMG_5439



基本は自宅で仕事をしている我々なので、日々、いろんなことを話し合ってます。

黒板のおかげで、ミーティングがはかどる!!
IMG_5437

3時間議論した結果、おっぱいの勝ちとなりました。

現場からは以上です。


================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter







投稿者:ともえ

「ウォークインクローゼットを作ろう」計画、鋭意推進中でございます!!
ウォークインクローゼットを作ろう!
壁を壊して間取り変更! 〜ウォークインクローゼットを作ろう!その2〜

破壊作戦が完了し、無事クローゼットのスペースができあがりました。
IMG_5429

さて、このスペースに扉をつけたいです。
どうしましょう。

・・・と、いうことで本気で調査しました!
無事できそうな匂いがただよってきたので、調査結果を報告いたします!

ともとも引き戸DIY計画

以降説明する調査結果に基づき立てた計画は、以下の通りであります!

door
こんな感じになったらいいなー

以降が調査項目の報告です!

引き戸 vs 吊戸

まず引き戸といえば「普通の引き戸」と「吊り戸」があります。
吊戸はその名の通り、上から吊ってる引き戸。
段差なく作れるメリットもあり、近ごろ人気のようです。

本件について厳正な審査を重ねた結果、

どっちでもいい

ということになりました。
そもそも家中引き戸だらけだし、クローゼットだけバリアフリーになってもねぇ。

パーツどれを選べばええんじゃ!

引き戸または吊戸を作るためのパーツは複数のメーカーが売っています。
めっちゃたくさん種類がある・・・

かたっぱしからカタログを読み込むこと数時間・・・
無駄に戸の構造に詳しくなりました。

掘り込みしたくないでござる!

カタログの読み込みによって、

  • レール用に木枠掘り込み
  • 戸車or吊車取り付けのため、ドアの堀り込み
  • ガイド用に、ドアに溝掘り

等が必要だと理解できました。

掘り込みってどうやるんだい!
溝掘りなんかできないよ!
難しそうでござる!!
やりたくないでござる!
どうにかならんのか!

とすがる気持ちでまたまたカタログを読み漁り、ついに発見!
スガツネ工業のこちらの製品!!

施工の簡単さを重視した、掘り込み不要っぽいパーツセットです。

ミスミVONAさんでネット注文もできました(∩´∀`)∩

引き戸本体を設計しよう!

扉なんてただの1枚板じゃん余裕余裕

と思っていたら、簡単にはいかないようで・・・

というのも、ドアってある程度は軽くしたいじゃないですか。
パーツの耐荷重もあるし、純粋に重いと開け閉めしにくい。

内装に使う構造用合板って、結構重いんですよねー。
そのまま使ったら40kgくらいになっちゃう。きゃあ。

そこで今回は、フラッシュ構造を自分で作ってみることにしました!

(なんちゃって)フラッシュ合板を作る

フラッシュ合板(フラッシュ構造)は、枠の上に薄いベニヤを貼り付けて作る合板のことで、日本ではドアや家具等によく使われるそうです。ほほー。
軽くできること、コストを抑えられることがメリットみたい。

材料費を抑えるために、1x1とラワンベニヤで計画!
flash

本来はプレス機を使ってベニヤと枠をくっつけるらしいけど、今回はなんちゃって!
ボンドの上から思い切ってビス止めしちゃおうかと思ってます。

引き戸のサイズ

戸を間口ぴったりに作る計画だと1枚あたり幅927mmの計算になったんだけど、
ベニヤの規格に合わせて920mmで作ることにしました。
だって、規格的に、920の次が1220になってしまうのですよ!
1220から927を切り出すなんてもったいない!

隙間は端材かなにかで埋めれば・・・きっとだいじょうぶ!

微妙にケチりつつも、化粧シートで仕上げ

戸の表面がベニヤというのもちょっとさみしいなぁ・・・
ということで、木目プリントの化粧シートを貼り付けることにしました。

しかしこの化粧シート、意外となかなか高級なもので、ドア全部を覆うとそれだけで○万円!うひゃぁ。
まぁ、裏側なんてあんまり見ないだろ・・・ということで、表だけ貼り付けることにしました。
サンゲツの化粧シートを注文しました。
種類が豊富で、サンプルの購入もできますよ~

天然木目の突板シートも気になる!!

無事に取り付けられるのか?

今度の週末に、できるかな~
できてもできなくても報告します!

関連記事

================

宮崎ともともダイアリーの「ともとも」について

2016年、趣味のクライミングをきっかけに東京→宮崎へIターン移住した夫婦です。

夫・ともひろ

1988年神奈川生まれ→大学卒業→Accenture→27歳で東京から宮崎に移住。東京と宮崎の2拠点生活中。

Instagram
Twitter

妻・ともえ

1987年東京生まれ。29歳で東京から宮崎に移住。
フリーランスWebエンジニアとして在宅ワーク中。

Instagram
Twitter

↑このページのトップヘ